20代の女性の薄毛を治すためにやるべきことをまとめました

20代女性の薄毛を改善法まとめ

女性の薄毛情報

ミノキシジルについて

投稿日:


このサイト上でよく出てくるミノキシジルについてお話します。

ミノキシジルとは元々高血圧の患者用の薬で、血圧を下げる為の血管拡張剤です。

その副作用として、発毛したと言うのが始まりです。

初めは海外製のみで、日本では販売されていませんでした。

のちにミノキシジルが医療用成分として認められ、大正製薬によって1999年にリアップとして販売されました。

効果が認められているタイプ

病的なもの、全スカ以外のタイプの方向け。

病的なものかどうかは、病院で診察や血液検査を行えば判明します。

女性のAGAはホルモンの関係なので、男性ホルモンを抑制しなければなりません。

ミノキシジルにはそう言った効果はありませんので別の対策が必要になってきます。

基本的には頭頂部や分け目が薄くなる方に効果的です。

全体的にスカスカの薄毛は生まれつきか、病的なもの。生まれつきが多い傾向。

思春期などの成長期に毛包が十分に成長せず、毛の本数・太さが幼少期のままになっていると考えられます。

そのような場合は、改善させる方法はありません。医師に相談してみるか、植毛しかありません。

女性用のミノキシジルの濃度は1%のみ

ミノキシジル1%配合のリアップリジェンヌは薬局や楽天で購入できます。

ただし、1%なのでほとんど改善されないと考えられます。軽度の薄毛の方向け。重度の薄毛はクリニックへ行きましょう。

男性専用のリアップX5というのがありますが、男性名義でしか購入できません。

ほしい場合は、クリニックへ。

ただ、クリニックでも処方できないというところもあります。

一度確認してみるといいでしょう。

ミノキシジルの作用機序

ミノキシジルが髪の毛を生やす仕組みは、成長因子促進作用にあります。

成長因子とは、髪の毛の発毛・太さ・成長を担う伝達役(信号)のようなもので、この成長因子があるからこそ、日々髪の毛が伸びているんです。

しかし、薄毛のかたは、この成長因子の分泌量が減少し、髪の毛がうまく生えてくれないのです。

そこでミノキシジルが登場。

この成長因子の分泌を促進させ、一時的に成長因子を増加させます。

成長因子が増加すれば、太くハリのある髪に成長します。

ただ、完全にフサフサにはなりません。ある程度です。その程度は人によって違いがでてきます。効きやすい人なのか効きにくい人なのかは検査する┗とは不可能。

使って見ないとわからないという訳です。

ただし…

ミノキシジルの作用は、薬を使用している間のみになります。

薬で無理やり成長因子の分泌量を増やしていたので、やめれば徐々に減っていきます。

維持するには、継続するか、やめて数ヶ月後にもう一度やるか。

そのどちらかになるでしょう。

-女性の薄毛情報

Copyright© 20代女性の薄毛を改善法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.