20代の女性の薄毛を治すためにやるべきことをまとめました

20代女性の薄毛を改善法まとめ

女性の薄毛情報

市販の育毛剤は買わない方がいい

投稿日:

何故かと言うと、効果が期待されている程度だからです。

ここでいう市販の育毛剤とは、薬局・ネット通販などで購入できる医薬部外品の事を指します。

医薬部外品

医薬品ではないが、医薬品に準ずるもの。
効果・効能が認められた成分は配合されているが、その成分は積極的に病気やケガなどを治すものではなく、予防に重点を置かれたもの。対象となる物もはっきりと定められている。

また、効果そのものも誰にでも必ず認められるというものではなく、効果が期待できるという範囲。

医薬品

医薬品とは、病院で医師が処方してくれるクスリや、薬局・薬店で市販されている風邪薬や頭痛薬などのこと。

配合している有効成分の効果が認められ、病気の治療や予防に使われる薬を指す。

テレビCMなどでよく「用法・用量を守ってお使いください」と言っているように、体に作用する有効成分が入っているため、使う場合には使用方法を守るのが鉄則となる

引用元:ヘルスクリック

医薬品は『効果がある』 医薬部外品は『効果が期待される』 というものになります。

ですので、医薬品と医薬部外品、どちらが『効く』かというと 医薬品の方になります。

副作用が怖いから医薬品は嫌だ。

手軽に使える天然ナントカエキス配合の医薬部外品のほうが安心して使える。

確かに医薬品には副作用があります。

ですが、医薬部外品にも副作用はあります。

湿疹や炎症など皮膚炎に発展することもあり得るんです。

医薬品であるリアップリジェンヌに配合される医療用成分ミノキシジルは副作用として、主に多毛症があります。

その他にも副作用はあるみたいですが、多毛症以外の報告は無いようです。

尚、副作用が見られるのはミノキシジルの内服薬の場合が多いそうです。

ミノキシジルの内服薬は外用ミノキシジル(リアップリジェンヌなど)が効かなかった場合に使用されているようです。

内服薬ですと、やはり全身にミノキシジルが巡るので、腕やスネ等の毛が濃くなりやすくなるのは分かります。

しかし、服用した人全員がなる訳では無いようですね。

また、外用ミノキシジルのリアップリジェンヌは濃度が極めて低いです。

1%しか入ってません。

最大で16%配合のものが販売されています。(海外製のみ) 正直、この濃度で副作用が起こるのか?と思ってしまうくらいです。

仮に副作用が出ても、ムダ毛が増える程度です。

ムダ毛が増えるのと、髪が無くなるのとどっちが良いでしょう?

もちろん、前者ですよね。 ムダ毛は剃るか抜けばいいです。

医薬品にはついてお話してきましたが、

効果が確実と言えるのは、医薬品です。

それでも、医薬部外品を使用しますか?

ただし、個人輸入だけはやめましょう。ほとんど偽物の疑いがあります。

オオサカ堂は違法業者。

きちんと医師に処方してもらうものにしましょう。

-女性の薄毛情報

Copyright© 20代女性の薄毛を改善法まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.