2020年以降コミュ障アフィリエイターは存在できなくなる。個を売る時代へ

「アフィリエイトでものを売って生活していこう!」

そんな思いでやってはいけません。必ず失敗します。

僕自身、そういった思考でサイトを運営していましたが、確かに数年前まではそれで食べていけました。

でも、商品有りきでやるので、商品がなくなればそこで終わり。

アフィリエイトの本来の形って、ブログを運営している人に、広告主が宣伝してほしくてお金と商品を提供するだけだったはずなんです。

ところが、今では商品を売りつける「悪徳詐欺師」のようなサイトばかりになってしまったんです。

中古ドメインで無理やり順位を上げ、有りもしない事を書き、無理やり理由をこじつけ、薬局に売っている商品にケチをつけ、ハゲが治ったと大ウソついて育毛剤を宣伝し、金を稼ぐ。

ブロガーは、ただ好きでブログを書いていて、その途中に宣伝というお仕事があっただけ。

ただまあ、最近ではそのブロガーですら悪徳アフィリエイターになりつつあります。

「みんなを楽しませる、好きを共有する」というブログ本来の形を失ってはいけないんです。

サイトの価値、文章の価値、ブロガー自身の価値、すべてにおいて「価値」が存在するから、アフィリエイターと違って終わりがないんです。

2019年の今でいうアフィリエイトサイトとは、価格ドットコムやMYBEST。それだけで十分なんです。

価格ドットコムやmybestが常に上位にいる理由はそこ。アフィリエイターはアフィリエイト商材しか比較しませんが、mybestは、ほぼ全商品を比較し、アフィリエイト商材を優遇はしていません。

もちろんmybestもアフィリエイト商材を扱っています。でもきちんとPRと記載しています。これはただの宣伝ですよって。

もうそのレベルにまで達しているんです。

2018年までのアフィリエイトサイトといえば、中古ドメインでペラサイトを100個近く作って、ただ広告を貼るだけの、いわゆるクソサイト。

まあ、ジャンルによっては未だにそんなクソサイトを量産している人はたくさんいます。

なんなら、youtubeでクソサイトの量産方法を教えているするというクソみたいなyoutuberがいます。

そういった方々がいる限り、アフィリエイトのイメージは悪くなるばかり。

なので、今からアフィリエイトをやるのではなく、まずは自分を売ってください。

そして、誰かに響く、為になる、読みたくなるようなブログをまず作ってください。

そこのなかで、アフィリエイトを紹介できるならする。

本来のアフィリエイトというものは、その程度のものなんです。

アフィリエイトをメインにしてしまうと、ただの売りたいだけの営業サイトになってしまいます。

そんなクソサイトより、楽天のレビューやブロガーのレビューを見たほうが信憑性が高いに決まっていますよね。

なので、まずはブログを書いてください。
それとともに、ツイッター・インスタを立ち上げてください。そしてどんどん発言していってください。

youtubeで喋ってもいいです。自分を売り込むんです。

とにかく根気よく続けることで、いつか人に発見され、有名なブロガーとなるんです。

志(こころざし)をもってブログを書く。その途中で本当に推せるアフィリエイト商材があれば勧める。

それが本来のアフィリエイトの形なのです。

アフィリエイト商材ばかり宣伝している、著者や文章、そのサイト自体になんの価値もないゴミサイトは資産にもなりません。

ブログは資産。アフィリエイトサイトはドメイン代+サーバー代がムダなただの負債です。

今後はサイト自体に価値を生み出せる人が勝つ時代

当たり前ですが、今後はさらにGoogleが賢くなり、有料noteの方法で作ったバカな金太郎飴アフィリサイトはどんどん駆逐されていきます。

なんの価値もないサイトですからね。

現状、商品名で検索すると楽天やAMAZONが上位表示している理由は、そのサイトで購入できるし、レビューがたくさんあるからです。

バカなアフィリエイターはそれに対し文句を言います。そのアフィリエイターは自分がクズということを気づいていないのでしょう。

こうしてどんどん、ゴミアフィリエターが入れる隙間が無くなっていくんです。

自分は何ができるか考える時

今読んでるゴミみたいなアフィリエイターは会心できましたか?

「クソみたいなこといってんじゃねーよ」と思うのなら、閉じてください。

会心された方は、今後必ず稼ぐことができます。悠々自適な生活。

平日に南の島でもへ行って、価値を見いだせるコンテンツを作成し、のんびりバカンスを楽しめる生活ができるでしょう。

まず、自分は何を提供できるのか?

一番カンタンなのは、ものすごく貴重なあなたの体験を提供しましょう。

転職アンテナのmotoさんもおっしゃってます。

体験談を書けと。r25のインタビュー記事を読むと良いですよ。

ほんと為になる。

ああいったインタビューをするというのも良いコンテンツですよね。

もちろん、仕事に限った話ではありません。

恋愛、ダイエット、結婚、生活の豆知識、プログラミングなどなど、それらを漫画にしてもいいでしょう。

どうでしょう?体験談なら腐るほどありませんか?

マインドマップを使おう


体験談をこうして書いてみるといろいろな「価値を提供できる内容」が浮き彫りになってきます。

Xmindという無料ツールがあるのでそれで十分ですが、僕の場合パソコンがたくさんあるので、ローカルに置くというのがいや。

なので、僕はMindMeisterというクラウドで使えるマインドマップを使ってます。クラウドって便利ですね。

どうでしょう?今のマインドマップの話は為になった方もいいますよね?

これが価値を提供するということです。簡単ですよね。

まずは、マインドマップで自分はどんな体験をしてきたのか?書いて見てください。

もし、わからなければいつでもコメントくださいね。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました