【失敗談】初めて作った育毛剤アフィリサイトの末路

「この育毛剤1本売ったら1万8千円です。」

はじめ、このメールにかなり驚いた。育毛剤一本売るだけで1万8千円ももらえるの?って。

メールがきたのは、あるクローズドASP。クローズドとは、A8のようにだれでも登録できるASPではないということ。基本的にスカウトのみ。

この時、僕はオオサカ堂アフィリのAGA薬を宣伝していた。もちろん薬機法違反である。

違反だったが売れる。

間違いなく効果があるから。しかし、稼げて月に6万程度だった。一つ売っても数百円とか数千円。

効果の無い育毛剤をディスる記事を数多く書いてきた僕のサイトには、少なからず読者がいた。

わざわざ、サイト名でググってくれる大事な読者さん。

そんな読者がいるのに、裏切るような行為をしていいのか?ASPから依頼があったとき、そんな葛藤があった。

しかし、やはり欲には勝てなかった。

アフィリエイトで食べて行きたかった僕は、そのASPに「是非お願いします」とメールした。

その後、あれだけディスっていた育毛剤を今度は褒めだした。

なぜ褒めることができたのか?

論文から実験データからいろんな情報を見て、成長因子が良いということにたどり着いたから。

その育毛剤には、成長因子が配合されていた。

当時、成長因子を配合した育毛剤はほとんど存在しせず、あったとしても半端なく高く4万円以上もした。

宣伝する育毛剤は13,000円。かなり安い。

安い成長因子配合の育毛剤。これはチャンス。

実際、初月1ヶ月で30本ほど売れた。

「やった!30×18000円で54万だ!やべー!金持ち!」

有頂天だった。

しかし、その時僕は承認率というものを知らなかった。正確には、言葉は知っていたが「まあ関係ないでしょ」と全く調べもしなかった。

そして月末。

非承認の嵐。

半分しか承認されなかった。

「は?なにこれ?バカなの?いや、クリック日時と発生日時数分しか違わないものばっかじゃん!ふざけるな!」

全部ASPにぶつけた。

「こちらの商品は、承認率は50%~70%となっております。」

これがアフィリエイト。

キャンセルになろうが、全部きちんと購入されようが、承認率が設定されていたら、承認はされない。

操作している証拠。

でも、それがアフィリエイト。文句があるならやめればいい。

承認率は50%だったので、約27万の確定。

でもまあ満足はしていた。だって、オオサカ堂の時は月6万程度だったから。

その後、しばらくこの育毛剤を売ってました。

承認率は50%~60%。70%なんて結局いかなかった。

そのせいもあったのか、獲得件数はそこまで伸びなかった。

記事が書けない。

育毛剤をディスる記事は書けるのに、育毛剤を褒めちぎる記事がこれ以上書けない。

理由は簡単。育毛剤に良いところが無いから。書いても承認率で結局非承認されると思ったから。

しばらくどうしようと悩む日が続いた。悩み過ぎて嫌になり、ゲームばかりする日が続いてしまった。

そしてついに…

承認率23%。

こんなことがあってたまるか!

ムカついて、ASPに言ったがキャンセルが多かったとかなんとか言って言いくるめられた。

終わった。

この育毛剤だけ売っていれば、専業アフィリエイターとして悠々自適な生活ができると思ったのに・・・。

承認率についていろいろ調べたところ、客層が悪いとの情報が。

客層か…。AGA薬が欲しいくらい禿げてる人に育毛剤売っても響くわけがないか…。

じゃあ、別のキーワードで書いてみよう。

しかし、悪夢は続く…

お名前.comから「ドメイン停止のお知らせ」というメールが。

どゆこと?と思ってお名前に連絡すると、個人輸入医薬品の取締り団体レジットスクリプトが僕のサイトのドメインを停止したとのお知らせ。

※レジットスクリプトは厚生省が承認した取締り団体

つまり、収入ゼロになったということ。

最悪だった。

そのメールを見たのが、アウトレットへ買い物へ行っていた時だった。

放心状態のまま、嫁に「サイトが運営停止食らった。帰ろうか」と一言。

家についてからは、何もできなかった。

毎日600人近くのアクセスがあったのに、被リンクもすべて失うことになってしまった。

その後、1週間ほどでアクセスができなくなった。

これが、僕が初めて作ったアフィリエイトサイトの末路です。

もし、今個人輸入サイトをやってるなら、今すぐ辞めたほうがいい。

運営停止はいきなりくる。

中古ドメインサイトなら、載せ変えればいいと思うが、メインブログで宣伝しているなら、今すぐ消そう。

全うなアフィリエイトを目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました